ギャンブル依存症

私たちはお見合い結婚でした。
お見合いといっても、両親が決めたものではなく、結婚相談所で出会い、8ヶ月の交際ののち、結婚しました。

若い二人には貯金などあるはずがなく、まずは籍を入れて一緒に暮らすようになりました。

私の結婚したい男性の最低条件が、
・ギャンブルはしない
・たばこは吸わない
・お酒は楽しいお酒を飲む!
でした。

二人はまず、結婚指輪を買おうね、と約束し、お互いのお給料から少しずつタンス貯金してゆきました。
10万円ほどたまり、プラチナのペアの指環が少し見えてきたところで、事件は起こりました。

私が用事で実家に帰省していたとき、主人はムシャクシャすることがあったようで、タンス貯金に手をつけ、そのままパチンコへ出掛けてしまったのです!
ムシャクシャしているときに勝てるわけがなく(ギャンブルなんて大嫌いだと言ってたくせに)10万円もの大金を数時間でスナック菓子にしてしまったのです!
騙された?と思いました。
ギャンブルはしないと結婚相談所で語ったのはなんだったのでしょう。
帰りの遅い日は、残業などではなく、パチンコに入り浸っていたのだとか。
正直に話したので、しかたなく、お小遣い制度導入に決定して10万円事件はカタがつきました。
家計は私が当然ながら主導権を握りました。

お小遣いは1日千円ずつ渡します。
完全に大きな子どもです。

今年で結婚8年目です。
子どもも二人生まれました。
そんな私、衝撃ですが、いまだに見た目独身です。
だって、指環がないのですから!

子どもが生まれたら子ども優先になり、指環どころではなくなりました。
完全にタイミング逃しました。

更に、ギャンブルはしないはずの夫は、日曜日は競馬新聞とにらめっこが習慣で、子どもが昼寝すると、そそくさとパチンコへ。
ひどいときは競艇や競輪もやっています。

この、ウソつきー!

まぁ、今はお小遣い範囲でチミチやるしかないので、仕方ないですね。
百歩譲って知らんぷりしてあげますよ。

ただ…
次に家計にさわることがあれば…

離婚じゃ!
覚悟しておきなさい。
と、言ってあります。