本当は熟女が好き

付き合っている相手は現在30代なのですが、はっきり言うと好みの年齢ではないです。
本当は親くらい年が離れている方が俄然好みなのですがそんなことは大声で言えることでもなく。

これまでに何人かの女性と付き合ってみていつでも何となく物足りなさを感じていたんですが、あるとき専門の風俗に行く機会があってその際に自分はおば様好きなんだと気づきました。
50、80喜んでとはこのことです。
これまでの女性に対しての物足りなさが何だったのかという心の疑問点に答えが出た感じでした。
正直に言うと壇蜜よりもあき竹城に目が行く私です。
更に言うとスレンダーなシルエットよりはむしろ体格がいいドラえもんのような女性が好みと言ってもいいです。
大山のぶ代も好物です。
30代でもいいのですが対面した時の興奮度は俄然違います。
年季の入ったそのどでかいお尻で踏んづけてくださいとお願いしたいです。
今の彼女もなかなかの安産体型なので「果報は寝て待て」と言うのでしょうか、やがて50代60代となっていくのでそこは大人しく待っていようと思います。
心配なのはその時こちらも同じ年齢になっているので精力が続いているのかは謎です。
相手に早く老けてね、なんて言えるわけもないですのでこれが我が人生の勝負どころです。
浮気の相手として60代の女性が一人おらっしゃるのですが、身近な友人や同性に彼女のことをどう思うか聞いても興味もないしあれを抱きたがるのはゲテモノ食いだよねと言われかなり複雑ですが、競争倍率が低い性対象であるならばその分こちらもアプローチできるとプラスに考えるようにしています。